ニンテンドースイッチのプロコントローラー

NintendoスイッチProコントローラーの互換性のあるコントローラーを3つ購入してみましたのでレビュー・感想をお伝えします。

主にスプラトゥーン2をしていて、プロコンの左スティックの不具合が多く、任天堂に修理を出してもすぐ再発してしまいます。純正のProコントローラーを3つ持っていますが、3つのコントローラーすべて各2・3回ぐらい修理に出してます。修理出して戻ってきても結局同じ症状の繰り返し。それだけ不具合多いんです。その不具合だけなんとかしてくれれば、最高なんですけどねぇ。

そんなこんなで1年間保証も過ぎたため、Amazonで売っていた安い互換性のあるコントローラーを3つ購入してみました。安いので失敗してもいいかなという軽い気持ちで購入しました。

 

スポンサーリンク

⑴.BEBONCOOL Switch コントローラー

使用した感じですが、コントローラーの配置が違うので最初はどこを押していいのか戸惑いました。ただ、左スティックが中央に移動しただけなので、使っていくうちに慣れるかなと思います。

スティックや各ボタンは、押した感じに違和感はなく問題なく使用できています。ただ、プロコンに比べると若干ボタンやスティックの押した感じは硬めです。

サイズは、厚みがありコンパクトではないです。左スティックが中央になったので、手の小さい人は持ちづらいかもしれません。また、スティックがプロコンより高くなっているのか、若干押しづらい感じもします。

振動は、Splatoonではこのコントローラーの振動が強すぎて集中できないのでオフにしました。

見た目は重厚感ありかっこいい感じです。ただ、後ろのシールがズレていたのには雑さが出ていて残念ですね・・・

充電ケーブルのケーブルタイプは、マイクロUSBとなります。ProコントローラーはUSB Type-Cなので、使いまわしはできないですが、ケーブルが付属されますので問題ないです。

プロコンと比較すると大きさはそれほど変わらないですが、厚みが少しあります。

機能 搭載
ジャイロセンサー
振動
NFC(amiibo) ×
連射 ×
リセットボタン
接続 Bluetooth

 

⑵.【改良ミニ版】 Switch コントローラー

メーカー不明ですがこちらを使用した感じは、Proコントローラーと配置が同じなので操作に戸惑うことはありません。こちらもプロコンに比べるとボタンやスティックの押した感じは少し硬めですが、それほど違和感も不具合もなく使用できています。

こちらも同じく振動が強すぎて、Splatoonでこのコントローラーを使うときはオフにしています。

サイズはProコントローラーよりコンパクトなので持ちやすいです。軽量なので女性や手の小さな人でも握りやすいと思います。

見た目はシンプルで、おもちゃみたいで安っぽく見えますが、動けば問題なしです。

充電ケーブルは付属されていますが、ケーブルタイプはProコントローラーと同じUSB Type-Cなので、使いまわしができます。

BEBONCOOLのコントローラーと違う点は、NFC機能搭載していてamiiboが使えます。また、自動Turboという連射機能があることです。スプラトゥーンの連射で使ってみたらこれが結構便利でした!

Turbo+連射にしたいボタンR2(ZR)でスプラトゥーン2の武器連射になります。

例えば、バケツや竹、リールガンなど何回も「ZR」ボタンを押さないと連射できない武器でこの機能を使った場合、「ZR」ボタン押しっぱなしで連射できます。疲れないし、また連射の速さも「5秒」「12秒」「20秒」と調節でき手動で連射するよりキルが取れました!

ただし・・・注意点としては、ガチホコと一部の武器・スペシャルウェポンでは使用しない方がいいです。

まずホコは、ホコショットがまともに撃てません。連射を一番遅い20秒にしても連射が速すぎて手前にしょぼいショットが出る感じになります。

筆やローラーは振り下ろす連射は出来ますが、塗りながら走れません。連射になってしまいます。

連射機能は、ガチホコと武器によってはオフにした方が良さそうです。そのほかに気を付けたい武器とスペシャルウェポンは以下です。

連射機能おすすめしない武器とスペシャルウェポン

  • ホコショット:チャージが速すぎて半チャ以下になる
  • 筆・ローラー:塗りながら走れない
  • 竹以外のチャージャー系:チャージが速すぎて半チャ以下になる
  • 連射系の武器: 連射が逆に遅くなる
  • スピナー系武器:チャージが速すぎて半チャ以下になる、チャージして好きなタイミングで発射できない
  • 傘系武器:傘が開けない
  • マルチミサイル:連射機能にしていると発射できない※ただし「ZR」を素早く連打すると撃てる
  • ハイパープレッサー:連射になるのでしょぼいハイプレが出る
  • ウルトラハンコ:ハンコの振り下ろしが逆に遅くなる

連射機能おすすめする武器

  • リールガン
  • スロッシャー系
  • ボトルガイザーをリールガンのように連打として使う(1発目が長射程で威力が高くブレないため)

連射機能はおまけみたいなものなので、試しに使ってみてください。

プロコンと比較するとコンパクトで薄いですね。

機能 搭載
ジャイロセンサー
振動
NFC(amiibo)
連射
リセットボタン
接続 Bluetooth

 

⑶.【改良版】Nitendo Switch ワイヤレス コントローラー

使用した感じは、Proコントローラーと配置が同じで、スティックやボタンは一番操作しやすい気がします。

振動はちょうどよく、Splatoonでオンにしてても集中してプレイできました。

サイズはProコントローラーと大きさや形状もだいたい同じぐらいなのでとても使いやすいです。違和感なく使えます。

見た目はシンプルで、飽きがこないタイプです。ただ、左下の持ち手部分に傷がついていました。(上図)

充電ケーブルは付属されていて、こちらもケーブルタイプはProコントローラーと同じUSB Type-Cです。

このコントローラーにも、Turboという連射機能があります。スプラトゥーンの一部の武器で使用するととても便利です!

Turbo+連射にしたいボタンR2(ZR)でスプラトゥーン2の武器連射になります。

2番で紹介した、「【改良ミニ版】 Switch コントローラー」のように、バケツやリールガンなどその都度「ZR」ボタンを押さないと連射できない武器で有効です。

ただ、2番で紹介したコントローラーの連射と違う点は、連射速度が選べないことです。常に速い連射になります。武器によっては手で連打するより速く連射できるため、有利かもしれません。

便利なのは、このコントローラーの連射は、もともと連射武器、例えばスシコラなどで使用しても2番のコントローラーと違って逆に遅くなることもなかったので、連射オンオフを切り替えなくていいのが便利です。

それでも注意点がありますので参考にしてください。

連射機能おすすめしない武器とスペシャルウェポン

  • ホコショット:チャージが速すぎて半チャ以下になる
  • 筆・ローラー:塗りながら走れない
  • チャージャー系:チャージが速すぎて半チャ以下になる
  • スピナー系武器:チャージが速すぎて半チャ以下になる、チャージして好きなタイミングで発射できない
  • 傘系武器:傘が開けない
  • ハイパープレッサー:連射になるのでしょぼいハイプレが出る

連射機能おすすめする武器

  • リールガン
  • スロッシャー系
  • ボトルガイザーをリールガンのように連打として使う(1発目が長射程で威力が高くブレないため)

 

プロコンと比較すると大きさも厚さも同じぐらいです。

こちらを使用して一つマイナス点は、amiiboエラーがたびたび出てきます。「OK」ボタンですぐ消せるので、私はあまり気にしないですが、気になる人はちょっとしたストレスを感じるかもしれません。
機能 搭載
ジャイロセンサー
振動
NFC(amiibo) ×
連射
接続 Bluetooth

 

余談:プロコンを自分で掃除・修理したけど直らなかった

スプラトゥーン2をしていると、純正の任天堂Proコントローラーの左アナログスティックが、正常に作動しないという不具合が、修理出しても何度も多発します。

白い粉のせいなのか、ごみが溜まるのか原因ははっきりしないですが、掃除して直ったというのを見かけたので、分解して自分でプロコンの内部を掃除をしてみました!

ねじを外して、エアダスターと筆で小さなごみの掃除と、アルコールふき取りできれいにしました。


開けた感じはこんな感じ

もとに戻して、さあ、直っているのか・・・?

・・・

直ってませんでした。

二つ掃除して二つとも直りませんでした

やり方が悪かったのかもしれませんが・・・。ただ常にアルコールで拭いていたので見た感じほこりやごみは思ったほどなかったので、それが原因とは考えにくいと思いました。

ということで、もう自分で掃除はしません。それなら新しいプロコンを買って修理にだすか、互換コントローラー買った方がいいと個人的には思いました。

 

まとめ

今回使用してみて、任天堂プロコントローラー・互換コントローラーの自分なりに使いやすい順位をつけてみました。

<更新3/17:約2か月間使用して順位を変更しました。今回はプロコントローラーも順位に入れました。>

Nintendo Switch Proコントローラー
やっぱり一番使いやすい!
3つの互換コントローラーを使用しましたが、やっぱり使いやすいのはプロコントローラーでした。なんといっても遅延がないのが一番!互換コントローラーは多少遅延があります。また、ずっとプロコン使っていたからかもしれないですが、握りやすさと押しやすさもプロコントローラーが一番しっくりきます。あとは、スイッチの電源をプロコンで入れられること。互換コントローラーを使って気づいたことは、互換コントローラーでスイッチの電源をオンにできないことです。なのでスイッチ本体もしくは、つながっているプロコンで電源入れる必要があるので、少し不便ですね。残念なのは左スティックがすぐに故障すること。これがなければ完璧なので、★4.5にしました。

 

【改良ミニ版】 Switch コントローラー
互換コントローラーの中では一番使いやすい
プロコンを含めて2位としました。理由は、使用した互換コントローラーの中では遅延が一番少なかったことです。比較的安定して使用できます。ボタンも今のところ不具合ないです。連射は3段階切替可能で、少し切り替えはめんどうですが、⑶で紹介したコントローラーとは違って竹の連射の速さにも合わせられるため便利です。ただ、コントローラーが小さいのでプロコン使っていた方は慣れが必要です。NFC機能搭載もありamiiboが利用できます。今回は★4としました。
【改良版】Nintendo Switch 無線 ワイヤレス コントローラー
不具合
プロコン含めて3位です。約2か月使ってみましたが、「R2(ZR)」ボタンの押しが悪くなったことです。最初は押すとちゃんと跳ね返ってくる感じがあったんですが、今は跳ね返りが鈍いです。ボタンとしては反応はしますが。持ちやすさはプロコンとサイズが似ているので一番良かったです。連射は連射速度は変更できず一番速い連射のため、竹も使用できません。ただし、もともと連射武器でも連射機能有効にしたまま使えるのは便利でした。amiiboのエラーも表示されるので今回は★3.5の評価です。

 

Switch コントローラー 無線 BEBONCOOL
配置と厚みが・・
最初に何も考えずに人気だった商品を購入したので、使用してみて気づいた感想は、ボタンの配置がプロコンと違った・・・。よく見て買えばよかったんですが、やっぱり配置が違うと慣れないと操作しにくいです。あとは厚みがあり持ちにくい。スプラトゥーンする人は左スティックが下にあると、潜りにくいと思います。厚みもあるから尚更です。機能は連射やNFCなどの機能がないシンプルです。慣れが必要なため★3です。

純正のプロコンは使いやすいですが、不具合が発生する可能性があります。でも遅延なくスイッチの電源もプロコンで入れれるためやっぱり便利。そして一番使いやすい。不具合がなかったらほんと完ぺきなのに。任天堂さんなんとか改良してください。。

互換コントローラーは安いので、予備として一つぐらい持っていてもいいかもしれません。コントローラー1つだけだと、不具合発生したときに修理にだすか新しいものを購入するまでの間できなくなります。

そして唯一プロコンより良いところは、アナログスティックの材質です。というか、プロコンのスティック部のゴムはほんとにゴムという感じで、つい夢中になって左スティックにかなり力が入ってしまうときがあるんですが、やりすぎて何度か親指の爪と指の境目がはがれそうになり痛くなったことがありました。あと互換コントローラーは連射機能があるので、遊びとして楽しめます。武器によっては連射が楽なので一度使ってみるのもいいかもしれないですね。

とりあえず、今はプロコンと互換コントローラーを使い分けて遊んでいます。

スポンサーリンク
おすすめの記事